ようこそ 一般社団法人和歌山県社会福祉士会 ホームページへ!

2020年8月度ぱあとなあ活動報告の変更点

2020年8月度ぱあとなあ活動報告の変更点について  

  • 今回、法定後見の個別報告書(個別報告1-3)に変更があります。
  • 個別報告1-3に別紙1・別紙2の様式が追加されています。
    特に別紙1は提出必須とされていますのでご提出ください。
  • 変更は今回(2020年8月度)のみです。


● 様式ダウンロード(変更箇所)  

法定後見活動の個別報告書様式です


お願い ―今回の提出に追加を求めた理由等ー  

新型コロナウィルス感染拡大を防止するため、後見活動においてもさまざまな対応が求められているところです。

今回、公益社団法人日本社会福祉士会より、現在の状況において、会員がどのように成年後見活動を行ったか具体的対応について整理し、社会福祉士会としての情報提供を目的として、各都道府県社会福祉士会へ調査協力の依頼がありました。

つきましては、8月の活動報告に合わせて、次の2点の状況について後見活動にかかる実態把握へのご協力をお願い申しあげます。

1.個別報告1-3 別紙1 ※必ずご提出ください
  「本人との面会について」

これまでの書式では、面会の「頻度が月1回以外の場合」の理由が、「新型コロナウィルス感染症拡大への対策で面会ができなかったため」という理由のみを聴き取ることになってしまうため、今回に限り活動報告書(個別報告1−3)の項目を一部改正しております。
具体的な面会の状況について、個別報告1-3別紙1の集計表にご記入のうえご提出ください。
また、この間の面会等の状況について、全国で共有する必要性があると思われる事項がございましたら、情報提供をお願いします。


2.個別報告1-3 別紙2 ※任意提出です 
               (必要と思われる場合のみご提出ください)
  「新型コロナウィルス感染症拡大対策に係る
   後見人の実務上の課題について」


本人との面会以外のこと(「特別定額給付金の取扱いについて」「新型コロナウィルスの感染が疑われた被後見人等への後見人等としての対応について」など)についても、今回の状況の下で実践されたこと、課題として考えられていること、国への要望事項などがございましたら、ご報告ください。

━━…━━…━━ … ━━…━━…━━


今回のお願いは、統計資料としての報告を求めているのではなく、実務のあり方として参考になること、また、課題として残されたことなどを共有することが目的です。個別的なことであってもかまいません。個人情報に配慮していただき、情報提供をお願いします。


  • 日本社会福祉士会による、提供いただいた情報に基づいた見解のとりまとめは、2020年12月末頃の予定です。

  • その他、不明点等ございましたら
    和歌山県社会福祉士会事務局までお問い合わせください。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional